株式会社 エムケーセラ

English Site

製品紹介

設備

事業内容

会社案内

技術情報

お問い合わせ

採用情報

リンク


facebook
GooglePlus
HOME»  挨拶・理念・方針

ごあいさつ

 2004年(平成16年)の創業以来、当社は「セラミックス」加工技術を基礎とし、ファインセラミックス部品・超硬合金部品・新素材部品をはじめとする産業用各種製造装置向け部品を製造しています。その時々のニーズに応じた品質の高いサービスを提供することを社会的使命とし事業活動を行っており、主に日本の製造装置の発展に貢献してまいりました。
 
 現在はスピードを重視した弊社独自加工技術により「多品種・小ロット・短納期」を推進しています。これにより元に多くのお客様にご支持いただき、日本全国からのご依頼をいただいております。しかし、時代のニーズは刻々と変わり続けています。現状にとどまるのではなく、更なる技術革新に力を入れ、常に先を見据えた事業展開を行っていきます。
 
そして、世界市場で通用するセラミックス加工企業集団を目指し、技術・品質・サービス・コストなど全ての面において改革を実行し、企業体質の強化と継続的な企業価値の向上に取り組み、企業集団全体として幅広く社会に貢献してまいります。
 

株式会社エムケーセラ
代表取締役社長 松田 学


 

経営理念


・私たちは、セラミック加工を楽しみ、技術を磨き、
社員満足と顧客満足を高め社会に貢献します

・私たちは、会社に関わるすべての人に感謝し、
共に協力し成長します。

     
わたしたち株式会社エムケーセラは精密機械部品加工メーカーとして、
より早く、確実 にお客さまの満足を第一に考え、お客さまと共に歩む
体制でよりよい製品づくりに取り組んでいます。

品質方針

— 品質方針 —
 
 1.品質への取り組み
 
    エムケーセラの考える品質は、「製品」の質、「営業」の質、それを支える基盤として
   従業員一人ひとりの「仕事」の質、この三つが一体となったものです。そして、
   素材調達、加工生産、品質保証、などの、すべてのプロセスに関わる従業員一人ひとりの
   品質の造り込みと、各プロセスが互いに連携し、品質保証のサイクルを回すことによって初めて、
   お客様の信頼に応え得る製品・サービスになると考えています。常に改善を図り、
   PDCAを回し続けることで品質の向上を図れると考えています。
 
 
 2.品質方針
 
 
品質のつくり込み管理を通じ、お客様に安心してご使用いただける
高品質なものづくりを目指し信頼と満足を得る。
 
 
 3.行動指針
 
   1.全員参加で自分自身の持ち場で品質管理活動を展開し品質を保証する。
   2.常にお客様の用途・用法などに合った品質を考え行動する。
   3.常に創造工夫し、新技術に挑戦し、高品質な物づくりを行う。
   4.5Sを徹底し、すべての工程において、衛生的で効率的な作業環境を維持します。
   5.労働災害の撲滅を目指し、加工者の安全を重視した物づくり、品質づくりを行う。
   6.適切価格で安定的に供給できる物づくり、品質づくりを行う。
   7.社内外の情報収集を積極的に行ない、有効と思われることは果敢に取り入れる。
   8.生産性の向上・業務効率の向上を意識し行動する。
   9.環境に優しいものづくり、品質づくりを考える。
  10.法令及び顧客要求等の確実な順守のため、認識を高め順守義務を果たす。

環境方針

環境方針基本理念
 
株式会社エムケーセラは、ファインセラミック部品・超硬合金部品・新素材部品の加工
を主とする製造業の企業として、地球環境に少なからず負荷を与えている事実を認識し、
企業の生産活動を継続していく上で地球環境の保全に努め、環境負荷の軽減と地域社会
との協調に不断の努力を行っていきます。
 

環境方針行動指針
 

1.環境関連諸法規及び同意事項の遵守
   企業活動を行う上で、環境法規及び当社が同意するその他の要求事項を遵守し、
   環境汚染の防止に努めます。
 
2.自然環境への汚染予防
   企業活動として、地域社会及び自然環境への影響を十分に配慮し、環境汚染予防に努めます。
 
3.資源・エネルギーの効率的利用
   地球資源に限りがあることを認識し、効率的な利用・節減に努めます。
   また、事業所内では、廃棄物の発生抑制と再利用を徹底し、環境負荷への軽減に努力します。
 
4.方針の確立・維持と継続的改善
   環境方針を文書化し、実行し、維持します。
 
5.環境方針の周知と公開
   この「環境方針」は全ての従業員に周知徹底します。
   また、この「環境方針」は文書化し関連取引会社・協力会社にも周知し、
   協力を要請すると共に、必要に応じ広く一般にも公開いたします。

 

お問い合わせ

ご依頼・お見積り・ご質問